黒花

FF14(Masamune)やToS(ジェミナ、ガビヤ)、マビノギ(ルエリ)、艦これ(単冠湾泊地)など色々なゲームのプレイ日記です。役立つ情報は何一つありませんが、ゆっくりしていってね!
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP雑記 ≫ 【FF14】迅速魔をついに。

【FF14】迅速魔をついに。

~2013/09/19の出来事~


今日は何をしよう。


そうだ、
昨日ギリギリのところで取得せずに終わった
迅速魔をきちんと取ろう。


そしてその後、
迅速魔をホットバーにしっかり登録して
白魔でメインクエを進めたりサブクエ進めたり
討伐手帳埋めたりダンジョン行ったり色々するんだ!


取得さえしてしまえば、
いつでも迅速魔レイズが使える!


道端で倒れている人を放っておけない。


それが辻ヒール好きヒーラーの宿命です。


よし、とりあえず……


一番人が集まる時間帯だし、トトラクにでも登録してみようか。
きっと火力1枠くらいは埋まって、あとは盾待ちだろう。


登録だけ済ませて、あとはFATEを……。


ffxiv_20130920_232849.png


って人多すぎぃぃいいぃぃぃい!


(※グリダニアのクォーリーミルからお届けしております)


ダメだ、シロッコ(ボス型FATEのボス)ですら一瞬で沈められる。
これはダメだ。下手したら私が沈められる。


(※PC版ですが人の名前が見えません、HPバーも重なりすぎて自分のすら見えません)


ガヤもすごいです。
FATEが効率いいっていうのは分かるんだけど、
どうしても途中で飽きちゃうんだよねー……。


だからトトラクにこっそり登録してみたりしてるんだけど……。
まだ登録してばかりで全然埋まっていないし、
ここは少し放置していた討伐手帳に手を出すかな。


南部森林、東部森林に密集してるけど、
中央森林にも討伐対象のMOBがいるみたい。


中央森林はそいつだけみたいだし、
先にそっち行ってから南部森林や東部森林を埋めていこうっと。


でもこいつ、討伐手帳ランク3の一番下のMOBなんだよな。
たぶんつよ……


ffxiv_20130920_233622.png


……。


か、帰ろうか。
帰っても大丈夫だろうか。
今のうちなら気づかれないかもしれない。
そうだ、グリダニアに……。


……いや、でも。
わざわざクォーリーミルからここまでマイチョコボで走ってきたんだ。
一度だけケンカを売ってみよう。
もしかすると勝てるかもしれない!


ffxiv_20130920_234215.png


どきどき……。


ffxiv_20130920_234240.png


こ、これは……!
いける!? ちゃんと回復してたいけるんじゃね!?


ffxiv_20130920_234259.png


ああああああああああああああ!!!!


SS撮ってたら思い切り臭い息食らってました。
ギリギリ避けれた! と思ったら当たってました。


そして、なす術もなく


ffxiv_20130920_234309.png


パタッ


この後……


FC「Moon」が誇る廃神、
アーヴィン召喚の儀式を行ったDafuneは
自らがアーヴィンのテンパードになることにより
ストローパーを無事4匹討伐したのでした。


そしてその後、
アーヴィンを引き連れて
人気のないレベル30FATEをはしごすること30分……。


ffxiv_20130920_235245.png


レベルアップのファンファーレとともに……



ついに迅速魔を手に入れたぞー!!!



ここまで結構長かった。
苦痛ではなかったけれど、長かったww


そしてその後、
アーヴィンを引き連れたまま
せぃさんも誘い5度目ぐらいのストーンヴィジルへ突撃。


最近のCFはかなりカオスです……www


今回も……とてもカオスでした……。


スリップ床の上で延々と戦い続けるモンクさん……。
迅速魔レイズを早速有効活用してみても変わらず……。
そしてスリップ床を避けた! と思いきや
またその上に戻った!!!!!


しっかり見てしまいました……。
衝撃的でした……。


世の中色々な方がいますねー。
火力ごり押しPTにも当たったことがありますが、
あれはあれで楽しいですねwww


ではでは、9月21日から福岡に帰省してきます。
といっても1泊2日。また明日更新出来ますように。



↑スリップ床踏みまくりはまだいいけど、その上で戦っちゃダメだよ、絶対。



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL