黒花

FF14(Masamune)やToS(ジェミナ、ガビヤ)、マビノギ(ルエリ)、艦これ(単冠湾泊地)など色々なゲームのプレイ日記です。役立つ情報は何一つありませんが、ゆっくりしていってね!
2012年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年11月
ARCHIVE ≫ 2012年11月
      

≪ 前月 |  2012年11月  | 翌月 ≫

【英雄伝】アイリスローズの冒険記8。

こんばんは。
かなり久々のアイリスローズよ。


最近Season2やらなにやらのアップデートがあったじゃない?
あれで、剣フィオナも強化されたと聞いて早速冒険に出てみたの。


まず雑魚敵を倒してみたわ。
そうしたら、剣を振るう腕が少し軽くなった気がしたの。
剣が軽くなったというか……私の動きが軽やかになった感じね。


そしてボスにたどりつくと、
前とは比べ物にならないぐらい攻撃の数々が強化されていて、
あれだけ嫌いだった『大きな角のイエティ』のビッグホーンも
余裕で倒せるようになっていたわ。


何せ『アマランスキック』が本当に強いわね。
びっくりしたわ。


あれからクエストを着実にこなしていって、
いつの間にかレベルも


2012_11_25_0002.jpg
54になったわよ。
そう、ジャンピングキャラクターのイベントが行われている間
私はレベル60に達することは結局出来なかったの。
最後の追い込み時期に頑張ればレベル60達成も可能だったんでしょうけど、
何せ中の人のテスト期間と重なっていたから……。
仕方がないことね。


そうそう。気がついたら装備が


2012_11_25_0001.jpg
期限切れかけだったわ。
新しく装備を整えないといけないわね……。
Season2実装でいくつか低レベル装備も実装されたようだけれど、
中の人はあまり理解していないから
普通にシャイニングウィルとアイボリーロングソードにしようと考えているみたいよ。
どちらにせよ、私の今の所持金でその2つは揃えることは出来ないから
堕歩音の手助けが必要ね……。装備がないと戦闘も出来ないし。
ここは素直にお世話になろうと思うわ。


でも、自力で集められるものは集めていくわよ。
例えば今回


2012_11_25_0003.jpg
『ホルンシールド』を手に入れたわ。
これで大盾に困ることはなくなったわね。
あとは+3まで強化してあげれば十分に使えるはず。
高級強化石は堕歩音や翼翡翠がゴミのように持っていたはずだから、
後々それを少し貰うことにしましょう。


そんなわけで、装備集めを兼ねながら
『イエティの王』『狂乱』の2つをソロしてきたわ。
おかげでメインクエストが進んで


2012_11_25_0010.jpg
EP5が終わったわ。
クエストはまだまだたくさんあるから、どんどん進めていくつもりよ。
早いところ『疲労度』も100%以下にしたいし。


そしてそのEP5クリアから続くメインクエストは、


2012_11_25_0011.jpg
騎士になるためにクエストを進めていく感じね。
ルダレックはまず私のことを信用していないから、
こういった試練のような依頼をクリアしなければダメらしいわ。
人間不信……? それとも女性不信なのかしら。
どちらにせよ厄介なのには代わりがないわね……。


ビッグホーンと戦ったのはこれで合計3回目か4回目だけれど、
とても楽に倒せるようになったわね。
パララの光やスラッシングハイでごり押すことも可能だし、
このゲームも随分と変わったものね。


さて、次のクエストは……?


2012_11_25_0012.jpg
ここまできて『廃墟の覇者』だなんて……。
どれだけ私を見くびってるのよ。さすがに頭にきたわ。
こんな依頼さっさと終わらせてやるわよ!


ちょうど変身タイムだったから、サクッと沈めてやったわ。
本当に強くなったわね……レイド戦は除くとして、
その他のMAPであれば大体ソロでいけるような気がしてきたわ……。


次の依頼は……


2012_11_25_0013.jpg
『イエティの王』か……。
中ボスでまたビッグホーンと戦うはめになるね。
凄まじく面倒臭いけど……行ってくるしかないわ。
堕歩音風に顔文字を使うとしたら今の私は『(´・ω・`)』よ。
だってもう眠たいもの……。


とりあえず、少しだけどクエストが進んでよかったわ。
次にこの冒険記をUP出来るのはいつになるか分からないけど、
皆くれぐれも私の存在を忘れないようにね。
いつか堕歩音からメインの座を奪ってやるわ!


それではまたね。





↑アイリの冒険を応援してくれる方はクリック。
関連記事